--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |   |  Top↑

2011.11.20 (Sun)

ビションフリーゼについて勉強して来ました

皆さん、こんにちは。

PB120219.jpg

突然ですがボロニーズの飼い主であれば皆さん一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

「ボロニーズとビションフリーゼってどう違うんだろう?」

「違うのはサイズだけなの?」

この永遠のテーマを解くべく、わたくし全国のボロニーズの飼い主の代表として(いつから?)先日あるところに行ってきました。



PB160449.jpg

ジャーン!

浅草で~す。


PB160451.jpg

有名な神谷バーの前を通り



PB160456.jpg

浅草寺も見て来ました。



PB160457.jpg

そしてこちらがビジョンフリーゼのお勉強会場です。

今回は会社の休みを取って無事に来ることができました。

一年前にあった一番行きたかったうちの先生のセミナーは会社の休みが取れずに行けなかったので、今回はどうなるのかなぁと思っておりました。

あ、そんな話はさておき



PB160458.jpg

講師は大阪からやって来た糸井欽司先生です。

東京のセミナーだというのにバリバリの大阪弁で喋ってはりました。(大阪弁、合ってますでしょうか?)



PB160468.jpg

ボロニーズの飼い主さんの間ではあまりに有名なゴヤの絵画ですが、こちらの絵画に描かれているのはボロニーズではなくビションフリーゼではないかということでした。

ビジョンフリーゼに30年近く関わっている糸井先生のお話によりますと、ビションフリーゼは小型の愛玩犬ですがシェパードクラスに頭が良く、動きも大型犬と同じダイナミックさだそうです。

頭がズバ抜けてよいので飼い主の心もよく読み、飼い主がビションの上を行かなくては飼いこなせない犬なのだとか。

この時点でボロニーズとは、いえ、少なくともうちのボロニーズとはビションは違うなぁと思いました。



PB160491.jpg

モデル犬さんの登場です。

いや~ん、かわいい。

こんな大規模なセミナーのモデル犬に抜擢されるビションなのですからトリミング台に立った時もさぞ堂々していて、、、と思いきや



PB160466.jpg

なぜか先生に抱きついていました。ぷっ。

先生に「こら、お前、ちゃんとせんかい~」と言われて笑いを取っていました。



PB160462_20111120131008.jpg

ここが一番ボロニーズとビションの違いが分かった瞬間なのですが、先生はシャンプーしてブローしたばかりのモデル犬を連れて来ているのですが、ブローから何時間も経っていないのにビションの毛にコームを通すともう写真のように毛の先の方はコームが通らないんです。

なんでも「マジックテープのように」毛が粘着しているとのことでした。

ビションの毛は本来ハリがあるのでアフロがある程度伸びても頭がぱっかり割れることはないそうです。



PB160478.jpg

下毛が上毛を支えてビシっと毛が立っているのが本来のビションの頭だそうですが、下手にブラッシングをして必要な毛を取ってしまうと毛がホニャホニャになってしまうので、この頭の毛の維持は非常に大事ということでした。

これを聞いた時にボロニーズとビションの毛質は全然違うので、ボロニーズをビションカットにして「ビションもどき」になることはできてもビションと全く同じようになるのは無理なんだと解釈しました。



PB160500.jpg

で、最後は美容体操を、、、ではなく、ダイナミックに見えるビションのカットについて先生が説明してくれました。

私はビションに触ったこともないのでトリミングの仕方の細かい話は正直よく分かりませんでした。

先生によって教え方が違うので私は今自分が教わっている塾の先生に習わないとカットは習得が難しいと思います。

ただ、ビションのカットは何を目標として形をつくるのか、そのコンセプトは理解できたと思います。そして先生が終始強調していた「ビションの魅力を引き出すカット(=動いている時にいかにビションらしく見せられるかを考えてカットする)」は今自分の勉強しているプードルのカットともつながるところがありました。



PB160510.jpg

でかい頭だな~。



PB160512.jpg

後ろから見てもデカいものはデカい。

ボロニーズもビションフリーゼも同じ種族に分類されますが、二つの犬種は似て非なるものなんだということの分かったセミナーでした。

そしてビションフリーゼが一層好きになってしまったセミナーでもあったので、「あ~飼いたいなぁビションフリーゼ」と本気で思いながら帰宅しました。

ボロニーズのさるんばとトイプードルとビションフリーゼの4頭と暮らすのが夢です。

 以上ビションフリーゼのセミナーの様子をお伝えしました。先生のおっしゃったことの解釈が間違っていて正しくないことを書いているかもしれませんがその点はご了承ください。それでは素晴らし日曜日になりますように!

スポンサーサイト
13:43  |  日記  |  CM(12)  |   |  Top↑

Comment

●(プードル♀様へ)運ていを歩くんですね!

糸井先生に訓練してもらうようになってジョイ君はどんどん落ち着いてきたんですね。

「他犬に襲われても、襲うことはなく、 暴れる子供や猫と出会っても普通に通り過ぎるので散歩が楽です。 」

昔はジョイ君は動くものや自分に向かってくるものに敏感に反応していたんですね。小型犬だったら飼い主がコントロールできますが、ビーグルは力が強いので、リードで引っ張られたら女性でしたら負けてしまいますよね。

運ていの訓練ってすごいですね!あの小学校の運動場によくある運ていの上を歩くんですかっ。ゆっくりゆっくり一歩づつ歩くんでしょうか。それとも犬は運動神経がいいので、結構早く運ていの上を移動できるんですか?

どっちにしろ運ていの上を歩くとバランス感覚だけでなく集中力も養われそうですよね。

家の基礎を掘り返したビーグルがいたというのには驚きました。夢中になって掘っていたんでしょうね。v-404 家が一軒倒れる前に気付いただったらよかったですね。v-356

ビーグルはすごく頭がいいので、海外の空港で麻薬探知犬として活躍しているそうですね。ビーグルの頭脳を遊ばせておくといろんなイタズラを思いついちゃいそうですね。

「仲が悪くなっている子同士を連れて行ってもらったりしています。」

犬にも相性というのがあるんですね。犬は本来集団で生活する犬ですから、相性の悪い子も含めて社会を学ぶのは大事なことなんでしょうね。多頭で生活することで刺激やライバル心なんかも生まれて犬のためには良いことなんだと思います。

先生は仲の悪い犬同士を連れ出して、どんな訓練をされているのでしょうか。相性の問題は訓練では解決できない感じがしますが、訓練があるなんてびっくりしました。

「先生、あの子みたいな、ヤンキーの髪型みたいなのだけは うちのぷーには、しないでくださいね☆」と言っていたのでした。

ヤンキーな髪型って笑いました!v-411

でも髪を逆立てて本当にヤンキーに見えますよね!

「ぷーを大阪インターに出させてもらって、
会場で見た犬達の姿に圧倒されました。」


すごい姿ですよね!圧倒されますよね。みんな骨格がいいので歩き方も綺麗ですよね。

ビションフリーゼって洋菓子みたいな何前ですよね!お洒落なケーキ屋さんのショーケースにならんでそうな。

あ、ちなみにプードル♀さんはケーキ屋さんに行くと頼むケーキの名前をフルネームで読み上げるタイプですか?私は舌をかみそうなフランス語の長い名前のついたケーキの名前を「∀◎%∀◎%を1つ」と真顔で読み上げるのがとっても恥ずかしくていつもケーキを指さしながら「この赤いケーキを1つ」とtか言ってしまうタイプです。

「…残念なことに、ビションも、放棄される子が出てきてしまっていますね… 」

そうなんですね。流行るとこれだから困りますね。全ての飼い犬のDNAを記録して、放棄した時にだれが放棄したか分かって刑事罰を受けるようになればいいのにと思います。人の良心だけには期待できないのが現状ですので。

台湾で審査中の先生の電話がつながるなんて、先生は国際電話のできる携帯を持って台湾に行っていたのですね。

「〇〇してはる」は丁寧語なんですね!

おっしゃると通り私たちは「はる」は「貼る」のイメージが先に来ますので、なかなか馴染みのない言葉です。

大阪弁は日本中で一番よく理解される方言だと思うのですが、先生のセミナーの中で、やっぱり意味の分からない言葉はありました。テレビで芸人のしゃべる大阪弁は「本当の大阪弁」でなくて日本全国の視聴者を意識した手加減のある大阪弁なのかもしれないと思いました。

そうなんですね~、スカルプケアは時間がかかるんですね~。私も5分とか10分とかドライヤーの時間が長くなったらつかうのを止めるタイプです。v-395

先端に取り付けるアタッチメント(っていうんでしたっけ?)を付けるのが難しいんですね。私もそういうは苦手なので教えていただいてありがとうございます!

お店で実際に運転されてもらって試してみます。プードル♀さんにこちらのドライヤーを教えていただいて色々調べたたのですが、パナソニックのドライヤーに限らず最近は頭皮ケアの商品が色々出てきているのが興味深かったです。お店でいろいろ見たら楽しいかもしれません。

プードル♀さんは日曜日はお仕事でしょうか。お仕事、頑張って下さいね!
さるんばママ |  2011.11.27(日) 10:10 | URL | 

●11年…あっという間でした

おかげ様でジョイは、いたずらも減り、
他犬に襲われても、襲うことはなく、
暴れる子供や猫と出会っても普通に通り過ぎるので
散歩が楽です。
最近はジョイも歳をとったのでしていませんが、
運ていの上を歩いてバランス感覚を養う訓練もしてもらっていました。
(先生の訓練を受けている子で、体格や体力などから
可能な子は、皆、教えてもらうようです。)
先生のお話では、とある庭で飼われていたビーグルが、
ヒマにまかせて家の基礎を掘り起こした~なんてことがあったそうです。
ビーグルの気力・体力、恐るべし。
なので、我が家の薄っぺらなフローリングや店舗の床なんて
チョロイものです。
最初の頃は、ジョイの為だけに来ていただいていたのですが
最近は、運動が足りていないと思える子や、
仲が悪くなっている子同士を連れて行ってもらったりしています。

初めて、糸井先生のところにお伺いした時(玄関先だけですよ)
老犬のプードルがいました。
ショーアップされた美しい姿だったのですが、
当時、な~んにも知らなかった私達夫婦は
「先生、あの子みたいな、ヤンキーの髪型みたいなのだけは
うちのぷーには、しないでくださいね☆」と言っていたのでした。
物を知らないというのは、コワイし、本当に恥ずかしいことです。
後日、思いもかけず、ぷーを大阪インターに出させてもらって、
会場で見た犬達の姿に圧倒されました。
そして、先生のとこで見た老プードルさんは、すごい賞をもらったことがある子だったと知りました。

「ビションフリーゼ」と初めて耳にした時は、洋菓子みたいな名前だなと思いました。
ビションは、ペピィさんのカタログなどに載ったりしているよと聞いて見た時は、
なんて頭が丸くて大きいんだろう?ひまわりみたいだなと思いました。
ビションは最近よくテレビで見かけるようになりましたね。
…残念なことに、ビションも、放棄される子が出てきてしまっていますね…

「かりんのカット」が何日だったのかを、うっかり忘れてしまっていたのは、私の方だったのです。
なので、「今日だったっけ??」という軽~い気持ちで電話をしたら
先生は台湾で、しかも、審査中だったということで、
私はひじょ~に、うろたえましたのですよ。

「〇〇してはる」は丁寧語のようです。
普通に使っているのですが、はじめて耳にした人は
「貼る?貼るのか?何を貼る?」という風になるかも。ですね。

そうそう、パナソニックのナノイーのドライヤーですが
私はスカルプケアは殆ど使っていません。
犬の為にと思った機能で、私が使うと時間がかかって
途中で面倒になるのです。
といっても、5~10分くらい?ですが。
わんこだと、もっと長い時間ドライヤー持ってても
苦にならないですのにね。
あと、このドライヤーの先端に取り付ける部品(名称忘れました)
は付けにくいかもしれないので、売り場で試してみられるといいと思います。(私が不器用という声もあります)

ぷーどる♀ |  2011.11.26(土) 16:51 | URL | 

●(プードル♀様へ)11年らいのお知り合いなんですね!

糸井先生とはジョイ君のトレーニングを通して知り合われたんですね!

今はジョイ君はすごく落ち着いているように見えるのですが、子供のころはそんなにやんちゃだったんですね。v-411

家の床が剥がれたって、どんな状態ですか。v-405

っていうかフローリングの床なんて大の男が工具でも使わなくては剥がせないと思うのですが、ジョイ君はものすごいパワーの持ち主なんですね!v-91

その当時糸井先生がタウン誌に広告を載せていたんですね。運命の出会いでしたね。

躾教室に通う代わりに先生に出張していただいているんですね!糸井先生に自宅まで来てもらっているなんて何て贅沢なのでしょうか。

それで先生のトレーニングでジョイ君のいたずらは減ったんですか?効果があったからこそ今も来てもらっているんですよね。糸井先生はやっぱりすごいですね。ジョイ君も先生が大好できっと尊敬しているんでしょうね。

「仕事場にパソコンがあるので、「先生~、これこれ…」って見てもらったり 」

10年以上おつき合いがあると一緒にパソコンを眺めたりする仲になれるんですね~。いいなー。

プードル♀さんが糸井先生と出会った11年前はビションフリーゼなんて何の犬種か普通の人には知られていなかったのではないでしょうか。認知されるようになったのは最近ですね。

先生のミィクシーでのお写真の発表は年に一回なんですね。犬ではなくてトンボのお写真なんですね。v-411

先生は良いカメラをおもちなんでしょうね。セミナーにもIpodのようなタブレット端末を持ち込んで華麗に操作されてました。v-425 

先生はかりんちゃんのカットがあるのを忘れて台湾に審査に行っちゃったんですか?先生にカットまでしてもらえるなんていいですね!かりんちゃんのカットをしている生徒さんは先生のお弟子さんでしょうか。セミナーにも先生のお弟子さんがいらっしゃっていましたが、皆さん素敵な方たちでした。

「レポートは、どこまで書いていいものか?って、
すごく悩まれたでしょうね。 」


そうおっしゃっていただいてありがとうございます!

先生は有料でセミナーをされていますので全部書くわけにはいきませんが、ですがブログを偶然見て下さった方たちにどんなに有意義なセミナーだったか伝えたくて「まぁまぁの中間」を目指したレポートを書きました。ですが先生が見て下さるなんて夢に思ってませんでした!

「大勢いらっしゃった中でも、さるんばママさんは印象に残る べっぴんさんだったに違いありません♪ 」

いや~自分で振っておきながらどうしようかな。。 v-389

プードル♀さん: 「さるんばママさんはあの会場にいた一番のべっぴんだそうです。」

先生 「・・・それじゃぁ右端にいてはった人とは違うなぁ」

こんな会話が交わされそうなのでここはモザイクに包んでおいてください~。v-393

ところで前回「大阪弁で喋ってはりました」は大阪弁検定合格とのことでしたが(ヤッタ~!)、「○○してはる」という表現は尊敬語が入っているのでしょうか。今度教えてください。v-363

糸井先生の奥様のブログ、早速自宅のPCのお気に入りに登録しました。。セミナーでは奥様のお話も出て仲の良さが伺われました。奥様のブログの更新楽しみにしています。またよかったら先生達のこと教えてください!

さるんばママ |  2011.11.25(金) 20:55 | URL | 

●(マヤのママ様へ)お手入れ、とっても大変ですよね!

マヤのママさん、ホントおっしゃる通りビションちゃんはどこがほっぺでどこからが耳か分かりませ~ん。v-411

そうですよね、ボロニーズの毛のお手入れはとっても大変ですよね。私も毎日奮闘しています。

「以前、トリマーさんに、”パピー期を過ぎると、毛がある程度少し太く固くなるので、とかしやすくなりますよ”と言われましたが、」

そうなんですね~、トリマーさんはマヤちゃんが大きくなったら毛が固くなって手入れが楽になるとおっしゃったんですね。v-410

でもそうなんですね、マヤちゃんも大きくなってもパピーの時の毛と同じなんですね!うちもそうです。

他のボロニーズちゃんはどうなんですかね?大人になって毛質が変わった子っているんですかね?私の理解ではマルチーズなんかと同じシングルコートのボロニーズは大人になっても毛質が変わらないというものなんですが、シングルコートでもプードルは大人になると毛質がパリっとなりますのでボロニーズはどうなんでしょう。興味深い話題ですね!

毛玉の部分をハサミでカットするって分かりますよ。私もどうしても取れない毛玉は今でもカットすることがあります。

うちのさるんばがマヤちゃんくらいだったころ、私は自分の愛犬を毛玉だらけにしていました。毛玉になるのが当たり前だと思っていました。

それからいいトリマーさんに出会って、トリマーさんにブラッシングの仕方を教えてもらったりしました。

マヤのママさんは一生懸命マヤちゃんのためにお手入れされていると思いますよ。ブラッシングはこれからどんどん慣れていかれると思います。ボロニーズの飼い主はみんなそうだと思います。

ハサミでカットする時に「どこが皮膚?」と気にしたり、「ハサミでカットするのが怖い」という警戒心はとっても大事だと思います。

聞いた話ですが、「プロ」のトリマーでもハサミで毛玉を割こうとして皮膚を切ってしまった事故を起こしたりします。

うちのルンバもミケパパの子供なので本当に毛が多くて、毛玉になるために生まれてきたようなものです。v-393

そこで私は考えたのですが、毛が柔らかいのはしょうがないにしろ、毛玉になりにくい毛質を作る方法はないものかと。

毛玉になりにくい毛質づくりに向かって今シャンプーなど色々研究していますので、また報告しますね。

「次回は、またねずみちゃんカットに戻るような気がします。」

マヤちゃんだったらショートヘアでもとっても似合ってかわいいと思いますよv-344  今度はかわいいショートカットのマヤちゃんのお写真も見てみたいです。

「サルサちゃん、また毛がはえてきて良かったですね! 」

ありがとうございますv-363

ファンタジーモードが味があるって、さすがマヤのママさんはお写真がよく分かっていらっしゃいます~。クリエイティブなご主人様を持つ妻は違いますね!v-219

サルサが紅葉を満喫している雰囲気が出ているだなんておっしゃっていただくと嬉しいです。

いつもブログ見てくださって、お時間かけてコメントまで送っていただいていつもありがとうございます!また週末ですね。楽しい週末を過ごしてくださいね。
さるんばママ |  2011.11.24(木) 21:29 | URL | 

糸井先生との出会いは
一匹のわんこからでした。。。

と、書くと、何かドラマティックなことでもあったのかと
思わせちゃいますが…
何のことはない、かれこれ11年程前に
ビーグルジョイに、家の床を剥がされ、テーブル・椅子の脚を齧られ、
困っていたところに、丁度、先生が家庭犬のしつけ広告をタウン誌に
載せておられて、それに電話で申し込んだのでした。
しつけ教室へは、仕事で行けないので、(うちの父は何回か参加しました)
普通に出張トレーニングに来てもらっています。
仕事場にパソコンがあるので、「先生~、これこれ…」って見てもらったり
バイクの話したりしています。
今、先生はカメラに凝っておられるようです。
ミクシィに写真を載せたりもされてると聞いたのですが
なんと、年1回くらいだそうで「トンボがきれい」とか、
すっごく短いのだとか。。
お忙しいので無理もないですね。
いつだったか、「かりんのカット、今日でしたっけ~?」みたいな
電話をしたら、繋がらず、しばらくして先生から電話が掛かってきたのですが、
「今、ショーの審査で台湾に来てて、審査中で電話出れなくってごめんね~。」と。。びっくりしました。

レポートは、どこまで書いていいものか?って、
すごく悩まれたでしょうね。

ビンゴでした?
大勢いらっしゃった中でも、さるんばママさんは印象に残る
べっぴんさんだったに違いありません♪

骨格の見本となったわんちゃんは、
学校のどなたかのわんちゃんのようです。
糸井先生のとこのわんちゃんの様子は
奥様のブログで見れますよ~♪

ぷーどる♀ |  2011.11.24(木) 12:57 | URL | 

●毛質

さるんばママさん、こんばんは~

このビションちゃん、本当に頭が大きく見えておちゃめですね~。 どこまでほっぺで、どこから耳か分かりません。v-415 
ビションフリーゼの毛は、すぐ粘着してしまうんですね。 この様子を見て、”あっ!”と思いました。 実は、うちのマヤは、ある程度の長さまでくると、根元からこんな感じで粘着してしまうんです。 毎日ブラッシングしても、(下手だから?)もう何カ所も粘着しているところがあります。 マヤも、ブラシ、くし、スリッカーを持つ私を見ると1メートル範囲内に来なくなりました。かなり毛をとかすのが痛いんだと思います。 仕方なく、毛玉の部分をカットし始めました。 でも、どこから皮膚?みたいにくっついているので、はさみを片手に怖くてもたもたしていると、マヤもそそくさと逃げ出すので、なかなかはかどりません。 以前、トリマーさんに、”パピー期を過ぎると、毛がある程度少し太く固くなるので、とかしやすくなりますよ”と言われましたが、前回では、”マヤちゃんは、パピー期を過ぎても毛質が変わりませんでした。 毛の量も多いので、ママさんは大変ですよね。”とのことでした。v-395 次回は、またねずみちゃんカットに戻るような気がします。 毛を伸ばすのは憧れですが、なかなかかないそうにありません。 

今日、ブログが更新されているのを拝見しました。 サルサちゃん、また毛がはえてきて良かったですね! それから、ファンタジーモード、なかなか味のあるお写真になっていますね! サルサちゃん、ちゃんと紅葉を満喫している雰囲気が出ています、さすが女優! 後半続きを楽しみにしていますね! 
マヤのママ |  2011.11.23(水) 23:54 | URL | 

●(マロミ~様へ) え~っ、いいんですかっ?

マロミ~さんもビションのセミナーに行きたかったなんて知らなかったのよー。誘わなくてごめんちゃい。 また今度ある時はお手手をつないで一緒に行きましょう。v-440v-398

「毎日しないでいいってトリマーさんに言われてます.. 」

やっぱりビションの毛の管理ってとっても難しいんですね。

下毛が抜けると上毛を支えるのものがなくなってホニャホニャになるので下毛を抜いちゃダメらしいですね。でも毛玉になるのが気になってブラッシングしちゃうってよく分かります!大人のビションの毛はビシっとハリがあるとのことですので、もしかしたらフワフワの毛よりは毛玉になりにくいのかあぁと思ったのですが、大人の毛になってもやっぱり毛玉はできやすいんですか?

耳と尻尾の毛もビションらしさを表現する上でとっても大事なので、スリッカーで梳かすのは厳禁だと先生はおっしゃっていたように思います。

うちのボロニーズなんて全部スリッカーでガーガーやってるので、ビションの手入れは本当に大変なんだなぁと思いました。

「デリケートな毛なんですね~ 」

先生はコームで梳かすにしろ、コームを入れる角度を間違えると毛が傷むので、コームを入れる角度も気をつけないといけないと言ってました。どんだけ~~!!v-405

でもすっかりその気になったので、うちのボロニーズを手入れする時も先生になった気分でコーム入れてます。ボロニーズなのに。ぷっ。v-413

「うちのこ達いかがですか~♪ 」

えええーーーー!セットでいただいちゃっていいんですか?セットで来ていただけたら即効「4頭理想家族」が完成するじゃありませんかぁー。v-315

マロ君は卒業式の時に連れ来ていましたよね。そんな大きいプードルには見えなかったですけど、結構大きいんですか?大きいトイプードルって可愛いですよね。v-343

今回セミナーに行ってビションというのは犬の中でもズバ抜けて賢いということを学んだのですが、ミッフィー君もやっぱり頭がいいんでしょうね。プードルもすごく頭がいいので、兄貴が頭良すぎてあまりビションの頭の良さを感じないとかあるんでしょうか。マロミ~家はプードルとビションだなんて理想のペアですね!

こんなモジャモジャばかりが4頭になったらそれこそ手入れがすんごく大変ですよね。4頭計画、夢のままで終わりそうです。マロミーさんは応援してくれますか?v-424
ひろろん |  2011.11.23(水) 09:35 | URL | 

●(ロビンママ様へ) そっくりですよね!

ロビンママさん、大阪弁が大丈夫ってありがとうございます!

大阪の方言も和歌山の放言も私には全部同じに聞こえるんですが、関西の方が聞けば微妙な違いがあるんでしょうね。v-363

そういえば、私は今会社で以前お話した和歌山市出身の男性と席が隣です。毎日和歌山弁が聞けて楽しいです。

なんとロビンママさんはビションフリーゼの赤ちゃんに出会ったんですね!

赤ちゃんの時ってビションもボロニーズも本当にそっくりで見わけがつきませんよね。

ビションは大人になると毛がシャキっとなるそうですが、ボロニーズはふわふわのままですよね。きっとそのビションの赤ちゃんは今のロビン君とそっくりだったんでしょうね。v-343

今度はロビン君も一緒の時にまたビションの赤ちゃんに会えるといいですね!
さるんばママ |  2011.11.23(水) 09:15 | URL | 

●(プードル♀様へ) びっくりしました!

プードル♀さん、こんばんは。

いや~~~びっくりしましたよ。v-237 

なんとあの糸井先生に私のブログを見せて下さったんですね。恥ずかしいですが、すごく光栄です!!v-354

ですが糸井先生が「こんちは~」と普通にやって来て、一緒にパソコンを見ているプードル♀♂さんって一体何者なんですかっ。v-12 

確か以前糸井先生の躾スクールに参加していらっしゃるとはお聞きしていましたがまさか糸井先生が直接プードル♀♂さんのおうちに出張していらっしゃっているとは思いませんでした。

「なかなか、こういう風に理解してくれる人って、少ないんよ。」 って仰ってました☆ 」

本当ですかっ。そうおっしゃっていただけると嬉しいです。ですが先生が見て下さるのであればもっとちゃんとしたレポートを書いておけばよかったと思います。受講内容をあまり公開してもちゃんと出席した人に悪いし、、、なんて思いからこれくらいの内容になってしまいました。

「斜め右にいてはった人だったら…
もしかして、何回か話をふった人かな??」とも。


いや~、先生が覚えて下さっているなんてびっくりしました。先生に食いつきそうな顔で話を聞いていた者です。(つい真剣になり過ぎて)

先生には「あの会場にいた一番のべっぴんがさるんばママさんだそうです」とだけ伝えておいてくださ~い。v-413

「骨格をしっかり頭に入れて、筋肉のつき方をきちんと理解すれば、 自ずとカットのラインが出てくる…」

先生もセミナーで骨格については強調しておっしゃっていました。「裸体を見ろ」と。

先生のお話を伺って今度ドッグショーが関東である時はドーベルマンのような骨格の見える犬を観察しようと思いました。普段の散歩でも毛の短い犬をよく見て犬の骨格がどうなっているか注意しようと思いました。

しかし欧米の飼い主さんには犬の骨格まで理解している人が多いんなんてすごいですね。

「足の先を拡大して、長く伸びた爪も見せてくださったのでした。」

これはすごいですね。私も見てみたいです。

「その子の骨格は、本当にしっかりしていて、
生前の美しさが偲ばれるということでした。」


先生にとっても愛されたワンちゃんだったんですね。v-406

先生のおっしゃる通り美しい犬は骨格も美しいと思います。うちのルンバは先天性の膝の障害を持って生まれてきましたので、ブリーダーさんには健康な犬を作るブリーディングをしてほしいと思います。

話は変わりまして黒にゃんちゃんのお写真の設定は適当だったんですね!

適当であんな素敵なお写真が撮れるんてプードル♂さんは天性のカメラの才能をお持ちですね。

糸井先生はミクシーにお写真を発表されているんですね。見てみたいです。

ミクシーにはあまり馴染みがないですが探してみます。情報ありがとうございます!


さるんばママ |  2011.11.22(火) 21:05 | URL | 

面白い~!!わたしも行きたかったな(>_<)
どうして誘ってくれなかったのよv-13なんて
ブラッシングが重要なんですね~
確かに大事な毛までなくなっちゃってるから、
毎日しないでいいってトリマーさんに言われてます..
でも毛玉になるのが気になっちゃって(>_<)
デリケートな毛なんですね~
え?サルンバ+プードル+ビションで住みたいの(^o^)?
うちのこ達いかがですか~♪
でっかいプードルと頭があまりよくないと思われるビションです(^-^;
マロミー |  2011.11.22(火) 15:02 | URL | 

●ほ~~~

大阪弁、たぶんバッチリですよ。って、私はネイティブ大阪じゃないもんで、自信ありませんが。
先日、一人で歩いていると、ワンコ友達の方が「ちょっと~~~~」っと声をかけてくれたのです。
そこにはなんとビションの赤ちゃんが!!
「ほら、ロビン君にそっくり」とその方が言われたように、ほんとによく似ていました。
毛は赤ちゃんだったからかフワフワで気持ち良かったんですよぅ。
また会えるかなぁ。
ロビンママ |  2011.11.21(月) 20:33 | URL | 

●大阪弁、合ってます☆

先程、糸井先生が来られましたので
さるんばママさんのブログを読んでいただきましたところ、
大変喜んでおられました♪
「読みながら、そうそう、そう~♪
なかなか、こういう風に理解してくれる人って、少ないんよ。」
って仰ってました☆
さるんばママさんの写真の角度を見て、
「斜め右にいてはった人だったら…
もしかして、何回か話をふった人かな??」とも。

お話が進んで、
「欧米の人は、トリマーさんだけでなく、一般の飼い主さんでも
ちゃんと、犬の骨格が頭に入ってる人が多い。
日本では、カットを教える人でも、骨格を理解していない人がいる。
骨格をしっかり頭に入れて、筋肉のつき方をきちんと理解すれば、
自ずとカットのラインが出てくる…」
といった内容のことを仰っていました。

その間に先生が犬の骨格画像を
見せてくださって…うわぁぁぁ。。
ピーコの中にも、こういう骨があるのかと(←当たり前)
思わず聞いてしまいました。(骨格を分かっていない飼い主代表。)
先生は、「おそらく薬品で溶かしてあるので…」と言いながら、
肋骨のとこの軟骨(だったかな。)や、
足の先を拡大して、長く伸びた爪も見せてくださったのでした。
         ↑
この時、私の頭の中は「薬品。溶かして。薬品。。。。つ、爪、爪。爪!爪ついてる~」となっておりました。
(その犬の骨格は、生徒さん達から見え易い位置に
置いておくように言ってこられたそうです。
その子の骨格は、本当にしっかりしていて、
生前の美しさが偲ばれるということでした。)

黒にゃんの写真をどんな設定で撮っているのか、
ぷ♂に聞いてみましたら、設定なしのテキトーだそうです。
そうそう、糸井先生は写真に凝ってらっしゃって
ミクシィに画像を載せてはるとか。(ぷ♂談)
ぷーどる♀ |  2011.11.21(月) 16:13 | URL | 

コメントを投稿する

URL
COMMENT
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。