--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |   |  Top↑

2010.09.01 (Wed)

ボロニーズ犬「米倉動物病院」へ行く(後半)

前回からの続きです。

IMG_6626.jpg

こちらは診察が終わって病院から出てきたところです。

あー、終わった、終わった!

ルンちゃんは付き添いをありがとう。

あれ、サルちゃんは?!



IMG_6637.jpg

ここにいた、いた。

で、サルちゃんはどうしたの?



IMG_6638.jpg

だよねー。ぷっ。

サルちゃんったらいつもの病院だったら診察中に大熱唱するのに今日はすごい抑え気味だったね。

米倉先生に体をガシッてもたれてサルちゃんは固まってたね。

まぁ何はともあれ、お水をどうぞ。



IMG_6629.jpg

サルちゃん、今日は「ウゥ。。。ヒィ。。ウゥウ。。。」って低音でハミングしてた。

今日はお母さんから見ても「サルちゃん、我慢しるなー」ってのが感じられたよ。



IMG_6630.jpg

サルちゃん、やればできるじゃん。

っていうかサルちゃん頑張ればできるんなら普段から今日みたいに大人しく診察を受けるように。



IMG_6633.jpg

あー、飲んでる、飲んでる。まだ飲んでるよ。

今日はハミングだけだったのにそんなに喉が乾いてたんだ。

やっぱり大先生を前に緊張しちゃったのかな?ぷっ。

           

<米倉動物病院を受診してみての感想>

米倉先生はみなさんのブログに書かれてあるほど怖い先生ではありませんでした。

お年を召して丸くなったのでしょうか。

待合室で待っている私たちにニコニコ顔で話しかけて下さって「すごく綺麗なワンちゃんだねぇ」とおっしゃいました。

診察が始まると先生はサルサの全身をまたたく間にチェックして「こりゃアレルギーだな」と即座に診断を下しました。

先日地元の動物病医でやった皮膚を切り取る病理検査の結果(=アレルギー性皮膚炎と出ている)も米倉先生に見ていただき、先生の目視での診察結果と合致していることも確認しました。

それでは何故サルサがアレルギー性皮膚炎になってしまったのか、その原因を探るべく血液検査をすることになりました。

とは言っても朝食を食べさせて来てしまったもんで、、、、この日はご飯を食べさせていてもできる範囲での血液検査となりました。

           

IMG_6646.jpg

そして先生の病院を出てすぐにやって来たのがこちらです。

これから2時間、先ほどやった血液検査の結果が出るまで時間をつぶします。



IMG_6647.jpg

いやー、しかし暑いねー。

これからどうしようか。

こんなに暑くちゃ海岸にも行けないし、散歩もできないし

なんてぼやきながらしばらく歩いていると見えてきたのは



IMG_6648.jpg

こちらの看板です。

サルちゃん、ルンちゃん、見て、見て!

あそこに見慣れた看板があるよ。

 なんだか予想外の長さになってしまいましたが米倉動物病院受診日記は「後半の後半」に続きます。もしよかったらまた見てくださいね~。それでは。

スポンサーサイト
23:06  |  横浜のお出かけスポット  |   |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。