--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |   |  Top↑

2008.10.27 (Mon)

関節の病院に行って来ました

本日さるんばは、横浜の磯子区にやって参りました!


KC360067_20081026201856.jpg

これからある病院に向かいます。



KC360063.jpg

途中で看板が出ていたので、迷わずたどりつけました。



KC360071.jpg

こちらが犬の関節で有名な「みなとよこはま動物病院(旧:永岡犬猫病院)」です。

全国から患者さんを集める有名病院ですので、ものすごく混むと聞いていました。

我が家はこの日午後一で入ったのですが、受付の方に聞いたところ、本日はそんなにかからないだろうとのこと。ちょとほっとしました。

院内の待合室は満席なので、外の待合室で待つことにしました。



KC360075.jpg

本日この病院にわざわざやって来たのはほかでもありません。

生まれつき後ろの膝の弱いルンバを診てもらうためです。

かかりつけの獣医師の先生からは「日常生活で痛がったりしていない限りはこのまま手術はせずに温存で行きましょう」と言われています。

ですが、数年前にかかりつけの動物病院が休みの時に行ったある動物病院の先生に「この犬の膝は今すぐ手術しなければならない」と言われたのがずっと頭にあったので、今回関節で定評のあるこの病院の先生に一度診てもらうことにしたのでした。



KC360073_20081026202209.jpg

ルンバです。

まさか自分の診察のためにここにやって来たなんて思ってもいない顔です。

ルンちゃん、お母さんはいつもアンタの膝のことをこんなに心配しているのに、なんかお気軽だな。



KC360077.jpg

こちらは姉のサルサです。

サルサはみんなが集う動物病院が大好きです。

動物病院に来ただけでご機嫌になってしまうんです。



1026KC360079.jpg

出たな、「待合室奉行」!

たまに、いますよね。こうやって順番を待っている飼い主さんに「今日はどうしたの?」と話しかけまくる人。



KC360083.jpg

ルンちゃん、次に診察台が空いたら、次はルンちゃんの番らしいよ!

さぁ、先生に診てもらうよ。

お母さん緊張だよ。

お母さんが先生に聞きたいことはただ一つ。

今現在、普通に生活ができているのに、敢えて今手術をする必要があるんですかってこと。


<診察後>

KC360078.jpg

無事に診察が終わり、いろいろなことを考えながら歩いていたら公園にぶつかりました。

ちょうどよかった、ちょっとここで遊んで行こう!



KC360068_20081026202140.jpg

公園で遊ぶ二頭です。

先生の診察の結果ですが、やはり今は温存で大丈夫とのことでした。

「痛がらずに普通に生活しているところを、わざわざ手術をして負担をかける必要は全くないでしょう」とのことでした。

手術をするか否かのポイントは「今現在、快適に生活できているか」に尽きるそうです。

先生のおっしゃることを聞いて心から安心しました。

数年前にたまたま行った病院の先生の言うことを真に受けていたら必要もない大手術をしていましたので、それを考えると恐ろしくもなりました。



KC360067-2.jpg

帰りの電車はスキスキでした。



KC360067-3.jpg

電車の中のさるんばです。

ルンちゃん、今日はお疲れさん!



1026KC360082.jpg

サルちゃんは特に何もしてないからっ。

うそ、うそ、付き添いありがとネ!


今回は真面目な話になりました。現代は膝に疾患をもつワンちゃんも多いと聞いていますので、何かのお役に立てればと思い記事を書かせていただきました。


    
さるんばもブログランキングに参加しています。いつもありがとうございます。
スポンサーサイト
05:46  |  日記  |   |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。